書体説明
印相体 古印体 楷書体 てん書体 行書体
●印相体
てん書体を進化させた書体です。
別名 八方てん書と呼ばれ発展を表す線質で中心から八方に広がるようにデザインされています。

●古印体
隷書を基本に丸みを帯びた文字に進化させた書体です。
日本古来の鋳造物の金属に描かれていた錆付いた文字から発展したといわれている書体です。
この書体は日本独自のもので、多くの既成認印に使われています。

●楷書体
隷書体を見やすく筆書き風にした書体です。
すこし右上がりにし、美しく、読みやすく仕上げた書体です。

●てん書体
漢字の基本と言われ、左右対象・水平・垂直につくられた書体です。
約2300年前に秦を統一した始皇帝によりそれまでの漢字を整理しまとめられた書体と言われています。

●行書体
楷書体を崩し変化させた書体です。
楷書体と草書体の中間に位置する、筆で書いたような書体です。
サイトトップ
お支払い方法
送料・納期
会社概要
利用規約
お問合せ

▲ページのトップへ
印鑑・はんこのはんこや.jp